YOXO(よくぞ) YOKOHAMA CROSS OVER

イノベーション都市
横浜の全体像を統合する「YOXO」

横浜は現在までに様々なイノベーション都市に向けた取り組みをしてきました。これは民間・行政の垣根を越えて共に進めてきた取り組みです。様々な事業者のみなさんが横浜をフィールドにイノベーションを生み出す活動の合言葉、ムーブメント、そしてエコシステムを表すワードが“YOXO(よくぞ)”です。

YOXOの目指す持続的な循環

社会のあらゆる主体が領域を越境して行う、新結合こそがイノベーションを生み出します。YOXOは「技術・アイデア」と「地域のニーズ・課題」のクロスオーバーを促進します。こうした活動から、都市としての成熟、次世代の育成に至るまで手法から活用まで、あらゆる面でイノベーション創出に向き合う都市を目指します。

  1. 人材同志の緩やかな交流の場
  2. そこから生み出されるアイデアを試作するサポート
  3. 試作からビジネス化に向けた検証、後押し
  4. 新製品、サービスの実証実験
  5. 新製品、サービスの社会実装
  6. スマートで持続的な街づくり
  7. 街の利便性の向上、活性化
  8. ビジネスエリアとしてのクリエイティビティ
  9. イノベーション・ムーブメントやこどもなど次世代への波及